気まますぎるモード通信#4

みなさま、ご無沙汰しております。

気ままに、から、気まますぎる、にタイトル変更してしまいました。。。

ピアノの金子です。

今日は東京は涼しかったですが、7月に入りましたね。

ジメジメとした毎日が続きますが、31日のコンサートまで1ヶ月を切りました。

私たちもだんだんテンション上がってきております!!

ぜひぜひ、お誘い合わせの上いらしてくださいませ。

では、コンサートに全く関係ないじゃん!というツッコミは置いといて、今回のあまりに久々なモード通信はこちらです。

じゃーん!

え、ナニこれ。。。

ウサギ。。。?

とお思いでしょうか。

全貌はこちらの写真。

↓↓↓↓

どどーん!

です。

ショール兼、ひざ掛け兼、ブランケット…と、なんでも来いの大判ファブリック。

森と湖の国フィンランドのアーティスト、クラウス・ハーパニエミ氏によるデザイン!

こちらは彼が企画から生産管理まで行った一品。

「いつか買うぞ!」と思っていた品を、手に入れてしまった〜!嬉しいっ!

2009年より新宿伊勢丹のクリスマスデコレーションもハーパニエミ氏が手がけているそうです。

食器類がお好きな方は、ittala社のTaikaシリーズでおなじみかもしれません。

どのデザインも、北欧の森と動物をモチーフとしています。

不思議なかんじの雰囲気。。。でも、とても惹かれるデザインです。

ちなみにハーパニエミ氏のポストカード集なんかもあります。

素敵ですよ〜!

こちらはお値段もお手軽…

壁に飾る気、満々。むふふ。

布、ストール的に巻くとこんな感じになります。

写真が暗いですが…

150cm四方なので、かなりたっぷり。

寒い季節はこのままお出かけOKです。

女性のみなさま、夏になるとはいえ、冷房の中は冷えますよねー。

ワタクシ、熱い(いやむしろ暑苦しい?)江戸っ子であるものの、やはり冷え性とは常に戦いの日々。

どんなにクロイツェルを練習して汗をかこうと、足は冷えるのです。てやんでぃ。

というわけで、

夏はむしろ室内で大活躍しそうなおしゃれファブリック。

このショールに包まれながら、ムーミンのマグカップにでもコーヒーを入れて、シベリウスでも聴いたら完璧!

(ど、どんだけ形から入るんだ。。。)

子どもの頃、お気に入りの毛布、ありませんでしたか?

この布があるとなんか落ち着く〜、みたいな相棒になってくれることでしょう。


Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
No tags yet.
Follow Us

© nouvelle sonorité. Photo by Osamu Tomaru